観る・あそぶ

HOME観る・あそぶ > 初矢峠の石畳

初矢峠の石畳

[地域] 下呂 [カテゴリ] 歴史・文化自然・景観・花遊ぶ・散策・アウトドア

初矢峠の石畳

奈良時代、飛騨と美濃を結ぶ官道として整備されたのが「東山道飛騨支露」で、下呂の町名もその駅名である。「下留」に由来する。後に飛騨支路は「飛騨街道(益田街道)」と呼ばれ、飛騨と美濃をつなぐ道として重要な役割をはたし、下呂も宿場として繁栄したと思われる。その下呂と東山道中津川を結ぶ道が「南北街道」で、土地の人々からは「鎌倉街道」と呼ばれている。初矢峠の石畳は、飛騨街道と南北街道が合流する下呂市小川から、竹原へと向かう途中の初矢峠に幅2m延長70.4mにわたって残っている。


ご利用情報

場所 下呂市乗政
見頃/開催時期
営業時間 通年
利用料金 無料
駐車場 2台
問い合わせ先 ・下呂市観光課 
TEL 0576-24-2222 
FAX 0576-25-3252 
ホームページ
・下呂市教育委員会 
TEL 0576-52-2900 
FAX 0576-52-3166 
・歌舞伎茶屋    
TEL 0576-26-3228 

交通アクセス

主要道路から ◆中央自動車道/中津川I.Cから国道257号を経由して約45km「宮地」交差点右折 ◆東海環状自動車道/富加関I.Cから県道58号を経由して約35km。井尻交差点を左折し国道41号を経由して約25km。帯雲橋交差点を右折し国道257号、県道440号を経由し約7km
公共交通機関 ◆JR/名古屋駅より高山本線で下呂駅(約1時間30分)下車、大阪駅より高山本線で下呂駅(約3時間30分)下車 下呂駅から濃飛バス乗政線「乗政農協」前下車徒歩約40分
下呂駅から ◆車/約25分 ◆バス/約50分(公共交通機関参考)